導入プロセス

サービス概要

最短12ヵ月で4PLを導入

4PLは、物流オペレーションやコスト、体制状況の調査を開始してから最短12ヵ月で導入が可能です。約6ヵ月間かけて調査・診断を実施した後、改善施策などを提案。提案内容に合意いただけた場合は、4PL運営体制の構築に6ヵ月間かけて取り組みます。

スケジュールの一例

STEP 1
調査・診断 5ヵ月

お客様のロジスティクス全体を把握するために、物流フローや物流コスト、運営体制、料金体系、実行システム、KPI管理などの調査・確認を行います。また、現場にも赴き、オペレーション状況を検証。ロジスティクス全体の課題を見える化します。

  • ロジスティクス全体の調査・確認 ・事業部門のVOC把握(QCD)

    • 物流フロー
    • 物流コスト・運営組織と体制(管理、オペレーション、業者)・料金体系
    • 実行システム(例:WMS/KPI)
    • KPI管理
  • 現場確認

STEP 2
提案・合意 1ヵ月

STEP1の調査・診断の結果、明らかになった「ロジスティクス強化ポイント」を踏まえて、4PLを実施する際の「改善施策ポイント」を提案します。提案内容に合意いただけた場合は、4PL実施に向けた体制の構築に進みます。

  • ロジスティクス強化ポイントの把握

  • 改善施策ポイントの把握

  • 4PL導入の合意

STEP 3
運営体制の構築・契約 6ヵ月

STEP2で合意した内容を具現化する4PL体制を構築します。お客様と当社の業務分担を設定した上で、戦略を立案し、マネジメントやオペレーションの改善を提案します。実行システムの導入・変更や、KPIの設定などの内容を含む「ロジスティクス強化ポイント」の仕様・方向性に合意いただけたら、契約に進みます。

  • 4PL体制の設定(業務分担)

    • 戦略立案
    • 改善提案
    • マネジメント
    • オペレーション
  • ロジスティクス強化ポイントへの仕様・方向性の合意

    • 実行システム(例:WMS/KPI)
    • KPI設定
  • 契約

SBS東芝ロジスティクスの4PLサービス

Page Top