4PLサービス

サービス概要

4PLとは?

4PL(Fourth Party Logistics)とは、物流オペレーションとそのマネジメントを含む物流業務全般を外部委託する3PLに、ロジスティクス戦略の企画、推進を行うコンサルティング要素が加わったソリューションです。物流業務を請け負うだけでなく、経営方針に基づくロジスティクスの戦略立案から携わり、企業課題を解決へ導きます。

オペレーションの最適化を徹底マネジメント
3PLと4PLの違い

3PLと4PLの違い

現場のオペレーションを中心に引き受ける3PL事業者に対し、4PL事業者は、お客様の立場に立ったロジスティクス戦略の策定も含めて対応します。そこで違いが生まれるのは、物流コストの削減に対するスタンスの差です。3PL事業者は、お客様にとっての物流コストが「売上」となるため、自主的な物流コスト削減の提案を出しにくいのに対し、4PL事業者はお客様の利益を重視し、物流コスト削減に取り組むため、自主的な改善提案が出しやすい傾向にあります。

4PLの総合力

物流部門の役割は、荷主の事業戦略に基づいて決められますが、その役割は、主にロジ戦略、管理・マネジメント、そしてオペレーションの三つの主要カテゴリーに分けられます。ロジ戦略では、中長期の戦略策定や組織体制の構築・見直し、物流ネットワークの最適化、情報システムの整備、環境への配慮、そして製品設計のロジスティクス視点(DFL)が主に求められます。管理・マネジメント部門では、物流コストの管理、安全と品質の管理、新技術の導入、業務の見直し、共同配送や拠点協業、そしてオペレーションKPIの管理が重要な役割となります。オペレーション部門では、保管や荷役業務、国内外の輸配送業務、在庫や棚卸しの管理、流通加工業務、庫内の5S活動、そして受注・出荷処理が主な業務となります。

多くの3PL事業者はオペレーションと管理・マネジメントの一部、特に業務見直しや共同配送/拠点協業、オペレーションKPI管理までの範囲でのサービス提供が一般的です。しかし、当社はこれにとどまらず、ロジ戦略策定からオペレーションまでの一連のプロセスを一気通貫で実現できるのが大きな強みとなっております。

4PLのメリット
4PLのメリット

4PLのメリット

4PLは、荷役や輸送コストに限らない改善に取り組むことが出来るため、次のようなメリットがあります。

サプライチェーン全体の可視化により潜在的な課題を発見
拠点ごとの在庫量から作業工数の算出まで、様々な物流KPIを用いて可視化を進めることにより、潜在課題を発見できます。
物流費削減に留まらず、在庫や固定資産の圧縮に関する改善施策を提案
拠点の統廃合や機能整理よりP/L、B/S改善に貢献します
物流部門の人員を成長分野に再配置可能
物流部門の業務負荷を減らせるので、本業の成長分野に必要な人材を再配置可能です。

4PL導入で注意すべきこと

4PL導入で注意すべきこと

4PL事業者は、ロジスティクス戦略策定を含めて、物流部門の業務領域をカバーできますが、一方で社内調整や、サプライヤーや協力会社との調整など、お客様の立場でしか実現できない領域もあります。お客様と4PL事業者が共にロジスティクスを改善していくというスタンスが必要とされます。

4PLによるメリット 具体事例

  1. サプライチェーン全体の可視化により潜在的な課題を発見

    倉庫状況の可視化による在庫削減

    製品ごとの出荷・在庫情報をモニタリングし、過剰在庫などの異常値を検出。分析結果をフィードバックすることで、お客様の生産計画の見直しなどに役立てて頂いています。

    倉庫状況の可視化による在庫削減

    大手医薬品メーカーの物流設計

    計画~実行までの一貫コンサルを受託。計画フェーズでは多角的な現状分析に取り組み、お客様の物流における日々の状況を正確に把握。それを元に最適な改善プランを構築しました。

    大手医薬品メーカーの物流設計
  2. 物流費削減に留まらず、在庫や固定資産の圧縮に関する改善施策を提案

    DFL(製品形状見直し・包装設計)による輸送積載効率

    無駄な隙間だらけで、積載効率が悪かったコンテナ内。包装サイズを小さくするため、製品の設計段階から関与。包装容積の縮小で積載率が87.5%アップ、輸送費の削減に成功しました。

    DFL(製品形状見直し・包装設計)による輸送積載効率

    コンテナ積載効率の改善

    海外で生産した製品の日本への輸送コストを下げるため、DFLで製品・包装を小型軽量化し、積載効率をアップ。更にコンテナの余剰空間を活用して、対象製品以外のものも混載。物流費を従来比で9%削減することに成功しました。

    コンテナ積載効率の改善

    海外保税区活用による物流コスト削減

    海外で生産した製品の日本への輸送コストを下げるため、DFLで製品・包装を小型軽量化し、積載効率をアップ。更にコンテナの余剰空間を活用して、対象製品以外のものも混載。物流費を従来比で9%削減することに成功しました。

    海外保税区活用による物流コスト削減
  3. 物流部門の人員を成長分野に再配置可能

    保管エリアの現場改善支援

    工場内の一部製品は専門的な管理ノウハウが必要なため、特定のスタッフがピッキングを担当。これを製品に対する知識に頼るのではなく、ロケーション管理を確立することで、経験の浅いスタッフでも対応可能としました。属人化の解消に繋がるのみならず、作業スピードや精度の向上を実現しました。

    保管エリアの現場改善支援

4PLをより深く理解するために

おすすめ倉庫

SBS東芝ロジスティクスの『空き倉庫情報』
こちらもチェック! 毎月更新!SBS東芝ロジスティクスの『おすすめ倉庫情報』

現在特におすすめの物流倉庫はこちらでご覧いただけます。
人気で埋まってしまう前に、お早めにどうぞ!

空き倉庫検索

Page Top