医療機器物流

サービス概要

医療機器物流における遵法対応や、遠隔地における在庫管理も、
豊富な経験と確かな品質でお客様のビジネスを支えます

当社は、医療機器メーカー、サプライヤー向けのソリューションを提供しています。
当社の医療機器物流の特長は、調達物流から販売物流、病院での据付作業まで、一貫してお任せいただける物流スキームを有していることです。精密な医療機器を高品質で輸送するために、医療機器輸送に対応できるドライバーの育成や、輸送時における製品ダメージを撲滅するための管理を徹底します。当社は、人の命を預かる医療機器を高い品質でお届けします。

こんなお悩みはありませんか?

医療機器のロジスティクスは、精密機器の輸送における高度な品質担保だけでなく、「医薬品医療機器等法」等の遵法対応等、高度な物流ノウハウが求められます。また、高額な医療機器は過剰在庫を持ちにくい反面、命に関わる機器である以上、欠品は避けなければなりません。このような背景から、医療機器は適正な在庫管理のマネジメントが重要視されています。

医療機器運送のプロに任せたい
医療機器運送の
プロに任せたい
在庫の管理方法を構築したい
在庫の管理方法を
構築したい
物流コストを総合的に削減したい
物流コストを
総合的に削減したい

SBS東芝ロジスティクスの医療機器物流で解決できます

FEATURE 01
医療機器に特化した幅広いノウハウで品質管理から遵法対応までサポート

医療機器に特化した幅広いノウハウで品質管理から遵法対応までサポート

医療機器輸送の豊富な取扱実績に基づき、お客様の製品を確実にお届けします。医療機器輸送のための運用体制を構築し、万全の体制で輸送を実施、輸配送での品質不良ゼロを目指しています。
また、国内の遵法対応として、「医薬品医療機器等法」等に準拠し、管理体制にも配慮しています。

FEATURE 02
グローバルでの適正在庫管理をサポート

グローバルでの適正在庫管理をサポート

見える化システム(グローバルサプライチェーン)を活用し、医療機器製品の販売在庫状況を可視化させ、さらにVMIを活用することで、過剰在庫の抑制が可能。
調達物流から販売物流まで一貫して担当することにより、お客様のサプライチェーン全体で適正在庫の維持実現に貢献します。

FEATURE 03
保税倉庫や輸送効率の改善で物流コストの削減を支援

保税倉庫や輸送効率の改善で物流コストの削減を支援

部材等についても、海外製造拠点近隣の保税倉庫から小ロット単位で出荷して、VMIで供給するなど、柔軟な対応が可能です。
また、納入先が同じ場合は、複数社の荷物を一緒に運ぶ混載納品や、海上コンテナの混載輸送など、様々なコスト削減施策を提案します。


医療機器のグローバルサプライチェーン構築

ある医療機器メーカーのケースでは、国内および海外拠点にて、調達物流から販売物流(現地の病院への据付)までを行う、一貫した物流スキームを構築しました。
海外で生産する場合には、日本から部品を輸出し、保税倉庫で保管。PO(purchase order)にあわせて、必要な部品だけを海外製造拠点に納品し、製品の製造、日本で最終組み立てを経て各病院に配送し、据え付けした上で納品します。
これらの工程には、海外を含めた複数拠点での在庫管理が必要となりますので、EDIで各拠点間の在庫数を可視化した上で、在庫情報をお客様に提供しております。

医療機器のグローバルサプライチェーン構築

医療機器に関連した主な対応事例

「胎児診断装置」の包装設計事例

  • 業種
エアーキャップやビニール袋に入れて梱包していたが、輸送時に製品が動いてしまいダメージも心配。
  • 対応
  • 梱包箱内に専用のトレイを設計し、各パーツを固定することでガタつきを防止。
  • パーツの取り外し可能な部分を分割することで、梱包サイズ縮小を実現。
  • 個装箱を10箱まとめる集合箱も設計。配送100サイズ内で対応。
  • 保管スペースを考慮し、専用トレイ・個装箱共に組み立て式で設計。
  • JIS規格に基づいた評価試験の実施とレポート提示。

「胎児診断装置」の包装設計事例

  • 業種
現行の簡易的な梱包箱から、製品の安全性を守る高品質の包装に切り替えたい。
  • 対応
  • 緩衝材は強度を保ったまま、発泡ポリエチレンのカットのみで準備可能なシンプルな形状へ変更。
  • 梱包箱は製品の重量を考慮した、段ボール材を選定。
  • 箱内の天面・底面強化のためのクッションは、コスト面から共有化できるよう設計。
  • JIS規格に基づいた、振動・落下・その他の評価試験を実施、結果をレポートとして提出。
「胎児診断装置」の包装設計事例

「医療装置・医薬品メーカー様」の物流コンサルティング事例

工場内保管エリアの改善支援

工場内保管エリアの改善支援

現場の問題点を抽出。製品種別や出荷頻度別の分析による配置変更で作業生産性を向上。
一部は専門性を要するため、ピッキング作業を特定の人員に委ねていたが、ロケーション管理の確立で誰でも作業できるように見直し。棚(ラック)は既存のものを活用しつつ、仕分け箱やキャスター付ラックの導入、在庫管理表の作成などもご提案。

物流コンサルティング事例:医療装置・医薬品メーカー様

「大手医療機器・医薬品メーカー様」の物流コンサルティング事例

拠点再編・自動化・WMS導入など、計画~実行までの一貫コンサル

拠点再編・自動化・WMS導入など、計画~実行までの一貫コンサル

物流フローの可視化、稼働分析、ワークサンプリング、コスト分析、KPI管理などの現状分析を行い、サプライチェーンのあるべき姿をデザイン。「拠点再編」「自動化」「標準化」の計画から、実行までを一貫で支援し、グランドデザインに基づいた新拠点の運用体制を構築。

物流コンサルティング事例:大手医療機器・医薬品メーカー様

医療機器物流に関してよくある質問

海外保税倉庫のメリットは、物流コスト以外にありますか?
納期を短縮できることがメリットです。
海外拠点で製品を生産している場合、日本に部材の在庫を保管していると、海外より急ぎのオーダーがあった際に、航空便でも輸送で数日かかるところが、海外保税倉庫であれば、翌日に納入が出来た事例もございます。
梱包改善による物流コスト削減の実例を教えてください。
製品特性に合わせた冶具を作成する事で、簡易梱包化させてコスト削減をした事例がございます。さらに輸送条件も加味することで積載効率を高め、輸送コンテナ本数を削減するといった事例もございます。

関連サービス


Page Top