マレーシア

サービス概要

マレーシアと世界を結ぶロジスティクスを提供

東芝ロジスティクス・マレーシア社は、外国資本企業への誘致に積極的なマレーシアにて、クアラルンプールとペナンに拠点・倉庫を構えています。半導体から、医療品、エレベーターといった幅広い製品を取り扱い、倉庫オペレーション、国内配送、国際間輸送、保税倉庫を活用したVMIを実施しています。
また、医療機器の部品や半導体製品の取り扱いは高い品質が求められますが、医療機器のVMIや製品の保管、輸出において、同社は、日本と同じ管理方法を実践しているため、品質の高いサービスを提供することができます。マレーシアと世界を結ぶ一貫したロジスティクスを提供いたします。

マレーシア港事業拠点

東芝ロジスティクス・マレーシア社

会社名
東芝ロジスティクス・マレーシア社
Toshiba Logistics Malaysia Sdn. Bhd.
設立
2014年2月
住所
1-2-30, e-GATE, Lebuh Tunku Kudin 2, 11700 Gelugor, Penang, Malaysia
ホームページ
https://malaysia.sbs-tlog.com/
主なサービス
  • 倉庫管理
  • 輸出入手配(NVOCC)
  • 国内輸送
  • 梱包
  • 物流コンサルティング
電話番号
+604-655-1178 / +604-655-3178
FAX
+604-637-0087
ライセンス
1080124-X
拠点
  • ペナン
  • クアラルンプール

マレーシア国際物流サービスの特徴

FEATURE 01
マレーシア物流:マレーシアの保税倉庫を活用した品質の高いロジスキーム

マレーシアの保税倉庫を活用した品質の高いロジスキーム

東芝ロジスティクス・マレーシア社の保税倉庫では非居住者在庫を保管できるため、マレーシアに拠点のないお客様でも保税状態で在庫を保管、必要に応じて出荷することが可能です。同社では医療機器部品を保税倉庫で非居住者在庫化し、マレーシア現地の製造工場へ出荷するといったVMIを採用しています。

FEATURE 02
マレーシア物流:グループ連携を活かした調達ロジ

グループ連携を活かした調達ロジ

製造拠点として多くの企業が進出しているマレーシアにおいて、VMI倉庫・非居住者在庫などの保管の提案だけでなく、中国やアセアン諸国からの調達を含めた一貫ロジも提案いたします。Buyer’s Consolidationの活用や最適な航空・海上輸送のご提案、お客様の事業拡大に貢献できるロジスキームを構築いたします。

マレーシア国際物流 提供サービス

  • 医療機器の保管・荷役・輸送
  • 保税区を利用した製品部品のVMI

関連サイト

Page Top